?> 2006年大会試合結果 | 日本アマチュアムエタイ協会公式サイト

2006年大会試合結果

開催概要

名称:W.M.F. World Championship 2006
開催日:
2006年3月18日~26日
場所:タイ バンコク

試合結果

今回は銀メダル1個、銅メダル3個という成績でした。
今後ジュニア以外でメダルを取れる選手が出る事を期待します。

参加選手 カテゴリー 結果
48~51kg Fly weight 鈴木 一樹 予選
Woman
51~54kg Bantam weight
正木 純子 予選
54~57kg Feather weight 高橋 勝治
3回目にして初勝利!
予選
57~60kg Light weight 内田 雅之 予選
60~63.5kg Light Welter 中村 祐作 予選
81~86kg Cruiser weight 松本 勇三 予選
  Male Jr
45~48kg L-Fly weight 鈴木 奨也 銅メダル
51~54 kg Bantam weight 河部 弘也 銀メダル
54~57 kg Fether weight 晴山 雄大 銅メダル
57~60 kg Light weigte 奥野 亮二 銅メダル

会場スナップ

060.jpg

世界の国内王者が集結した2006年世界大会。

今回参加のメンバー。女子選手強豪の参加を求めます。

奥さんと参加してくれた内田選手。この1(位置)が好きぃ~~

グローブチェックを受けるHIROYA 選手。惜しくも銀。

3回目の挑戦にして初の勝利をもぎとった高橋勝治選手。

もてもてのジャニーズ系17歳「奥野選手」

元K-1ガール正木選手の階級は混戦模様。

鈴木選手はロシアの壁を破れずひざにやられました。

空手3年連続日本王者の松本選手もロシアの高き壁を体感。

女子選手のレベルも世界レベルに来たようです。

奥野選手は次回に期待です。

かちたかった甘栗太郎「ゲンゴロウ丸中村選手」

晴山選手は1回戦を見事な勝利。準決勝は理不尽判定。再挑戦だ!

WMF-J、国内大会 2007年度代表者決定戦ほか試合結果。

 

開催日 2006年11月19日(日)
場所 JR大森駅下車  サウスアネックス東京
東京都大田区山王2丁目4-1大森駅前ビル7F 電話03-3710-8817
試合カテゴリー
ピン級 × 佐井久枝(藤本) ○ 陣内まどか(トーエル)
バンタム級 ○ 亀山浩司(拳心館) × 森山進介(拳粋会)
バンタム級 △ 小野健太郎(ブライト横浜) △ 浜口保(ゴールド横浜)
バンタム級 × 守屋将(トーエル) ○ 小林龍馬(RIKIX)
ミドル級 ○ 山田学(Wシーサー) × 田中宏明(龍道場)
ライト級 ○ 辻真司(藤本) × 本田博史(ゴールド横須賀)
バンタム級 × 小林龍馬(RIKIX) ○ 森本竜太(治政館)
フライ級 ○ 永島梢(Y-PARK) × 長光一桂(フリー)
ウエルター級 × 鶴見和也(志誠会) ○ 大滝肇(トーエル)
ヘビー級 × 西村洋(MASC) ◎ 中野文夫(フリー)2RTKO
コットン級 × 池田隼人(池田塾) ◎ 晴山翔栄(晴山塾)3RTKO
バンタム級 ○ 永島梢(Y-PARK) × 長井未果(Wシーサー)

*日本代表者決定戦ほか
フライ級 ○ 鈴木和樹(頂上会) × 山野孝之(ドラゴン)
バンタム級 ○ 晴山雄大(治政館) × 森永朝(頂上会)
フェザー級 ○ 奥野領士(頂上会) × 河辺弘也(トーエル)
ライト級 ○ 内田雅之(藤本) × 仁科俊亮(頂上会)
ライトウエルター級 ○ 石井達也(藤本)   不戦勝
ウエルター級 × 織田亮介(Y-PARK) ○ 名城祐司(頂上会)
ライトミドル級 ○ 緑川創(頂上会) × 濱本剛志(頂上会)
ミドル級 ○ 吉田修(目白) × 西野哲史(頂上会)
クルーザー級 ○ 柳川國吉(治政館) × 高附賢吾(フォーオール)


*WMFではライトヘビー級(75~81)ヘビー級(86~91)、スーパーヘビー級(91以上)の有望選手を募集しております。

主催 WMF日本アマチュアムエタイ連盟

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ